鼻を高くする方法とノーズシークレット

鼻を高くするといっても対処は様々

コンプレックスが鼻が低いという方はけっこういますよね。でも費用や手術の恐怖を考えると、整形まではなかなか踏み出せません。そして一概に鼻が低いといってもタイプがあるのです。そこでタイプ別に対処法をご紹介します。

 

【鼻の付け根が低い】
鼻の付け根が低いということは、鼻の穴が見えてしまう状態で鼻が上向きの方が多いのです。かなり鼻にコンプレックスを抱えている方がいるようです。

 

このタイプの方は鼻の付け根の部分をグリグリとマッサージして、刺激を与えることがポイントとなります。徐々に鼻を高くなっていけば、次第に鼻の上向き状態が気にならなくなるでしょう。

 

【横から見た鼻が低い】
横から見た鼻が低いと気にしている方は、顔が歪んでいて顔の中心が凹んでいる状態である場合が多いのです。つまり顔の歪みによるものなので、顔の歪みを正すマッサージや顔の体操がポイントになってきます。
エステなどの顔の矯正をしてくれる場所に行くのもありですし、手軽に表情を意識的に変えながら「あいうえお」体操をしてみるのも1つの手です。歪みをとっていくと次第に鼻の高さが気にならなくなるでしょう。顔の中心の凹みが治ってきて鼻の先が高くなっていきます。

 

【全てのペチャ鼻の方に】
大体の鼻が低いと悩んでいる方に向いているノーズクリップ法です。これは鼻を高くするための王道の方法といわれています。

 

鼻の骨は軟骨なので、専用の器具で鼻を挟んでいることで骨の形を徐々に変えていこうというものです。骨の形を変えていくので痛みを伴うイメージがありますよね。でもあくまで長い期間をかけて変えていくので、ほとんど痛みを感じることはありません。

 

【まとめ】
全ての方法において、やはりすぐに鼻を高くすることはできません。コツコツと続けることしかないのです。すぐに変えたいのならば、整形しか手はありません。でも徐々に鼻を高くすれば、誰にも気づかれることなく鼻にメスを入れる恐怖を感じることもなく実現するかもしれません。ぜひおすすめします。

ノーズシークレットは横から見た鼻対策に

うまくいけばいいのですが、圧を与える方法は痛みが伴ったり、効果が出るかどうかも分からない不安があったり、微妙なところもあります。
ノーズシークレットの場合も、痛みが出ることもありますが、一時的とはいえ、横から見た鼻の高さに違いを出せます。

 

特に正面からではなく、斜め角度からの撮影とかでは違いがはっきり分かるでしょうね。ノーズシークレット通販についてはトップページに詳しく書いています。